セントーサ島)エンターテインメントの宝島セントーサ島

シンガポール

こんにちは。ハルコです。

2020年1月にシンガポールへ旅行に行った際に観光したセントーサ島について纏めて行きます。

ケーブルカーを使ってセントーサ島へ

今回、マリーナエリアにて宿泊をしていたのでセントーサ島へはケーブルカーを使って日帰りで訪問しました。市内とセントーサ島を結ぶハブとなっている『ハーバーフロントステーション』で$29の往復券を購入し、ケーブルカーに乗り込みセントーサ島へ!とケーブルカー内でワクワクしていたところ、何やら周りが山に囲まれ始め…「海から遠ざかっている!?」

どうやらセントーサ島とは逆方向の『マウントフェーバーステーション』行に乗ってしまった様です!ただ、幸いな事に環状型のケーブルカーであった為そのまま降りることなく山間部の景色を堪能しながらセントーサ島へ到着擦る事ができました。少し遠回りをし時間はかかってしまいましたが、行先を間違えた事で当初見るはずの無かった景色を見れてよかったです(笑)

今回移動中の景色を楽しみたく私はケーブルカーを使用しましたが、セントーサ島への行き方は他にも、モノレール($4)・タクシー($15前後)・バス($1)の選択肢がありましたので夫々のスタイルで交通手段を択ばれるのが良いですね。

そして、遂にセントーサへ入島!

まずは、島内に走っている無料のバス・トラムに乗りビーチへ。(意外とこの無料バス&トラムが優秀で、数も多く移動には全く困りませんでした)

トラムを乗り継ぎビーチへ向かう途中でリュージュや屋内型スカイダイビングを始めとした多くのスポットがを発見し、島内のアクティビティの充実具合に半日での観光で訪れた事を激しく後悔…

ただ、今回はセントーサ島での観光目的は【ビーチでのんびり】することだったので、島内でアクティブにとことん遊ぶのは次回来る際のお楽しみにとっておきます!

ビーチサイドに到着し、まずはカフェでひとやすみ。日中からお酒を楽しんでいる方も多くいらっしゃり、とっても良い雰囲気でした。

そして島の端のビーチでハンモックを発見!6つ程あるハンモックのうち2つが丁度空いたので横になってみると…波の音を聞きながら、真っ青な青空に包まれ日常では味わうことの出来ない贅沢なひと時を過ごすことが出来ました。

(あまりにも気持ち良すぎてその後少しお昼寝をしてしまいました…)

その後、ビーチを後にしセントーサの有名観光地である『リゾートワールドセントーサ』へ。こちらのエリアは、ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)を始めとした人気スポットが集まるアジア最大級の統合型リゾート施設です。今回はUSSへは行きませんでしたが、USSを上手く回るカギは開園と同時に入園し空いている内に人気アトラクションを制覇することが重要です。その後、プールやイルカとの触れ合い、アクアリウムを楽しむ事が王道プランですね。(施設内各ショップも可愛商品が多い為様チェック)

シンガポール本土より、600m南下したセントーサ島ではシンガポール本土とはまた異なる魅力を見せつけられました。

非常に充実したエンターテインメントに溢れている島ですので、朝から夜まで1日中、可能であれば島内宿泊での観光をお勧めいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました